リリアン編みのマフラー作りで、楽しみながら子どもの集中力を高めよう

Pocket

ある日突然「マフラーが作りたい」といい出した長女。
私が、長女の幼いときから手編みの小物はちょいちょい作っていたので、どうやら自分もやってみたいと思ったみたいです。
とはいえ、6歳児にかぎ針編みはできるのかしら。
いや、きっとできるんだろうけど、慣れるまではつきっきりで教えないといけないんじゃないの…と、なかなか実行にうつせずにいたのですが、もっと簡単な方法がありました。

そう、懐かしのリリアン編みです。
私も子どものときにやったなぁ…。

私にとってリリアン編みといったら、ほそーいブレスレットが作れるというイメージだったんですけど、手作りで装置を作ればマフラーも作れるらしいです。

しかも、編み物をしている長女のものすごい集中っぷり。
これは子どもの集中力を高めるのにいいんじゃないかと思ったので、みなさんにもご紹介します。

SPONSERD LINK

装置をつくる

リリアン編みのマフラー
まずは装置を作ります。

用意するもの
・ガムテープなどの芯
・ガムテープ
・割り箸(2本)

作り方はとっても簡単です。
ガムテープの芯の外側に、半分の長さに切った割り箸を等間隔に固定するだけ。
割り箸はぐらぐら動かないように、しっかりこれでもかってくらいに固定するのがポイント。
編んでる途中にはずれてしまうと戻すのが大変です。

ガムテープの芯がなければ、牛乳パックでもできるみたいです。
ただ、牛乳パックはどうしても強度がないからすぐにペコペコしてきてしまいます。
割り箸で作ると強度もバツグンで、編むのも楽にできますよ。

リリアン編みでマフラーを編んでみよう!

編み方に関しては、こちらのサイトが詳しく説明してくれています。
参考:今年はマフラー編んでみる?牛乳パックやペットボトルでできる簡単編み物

使う毛糸は、細すぎないものがおすすめです。
具体的にいうと並太以上ですね。
1度、細い毛糸で作ったのですが、細すぎてすかすかなマフラーになってしまいました。
どのくらいの太さの毛糸かというのは、毛糸についているパッケージに記載されています。

ちなみに、今長女が使っている、この白い毛糸が並太です。
作り始めたばかりで、わかりづらくてごめんなさい。
リリアン編みのマフラー

編み方さえ覚えてしまえば、6歳の子どもでも簡単に作ることができます。
基本的にはずっと同じことの繰り返しで最後までできるので、子どもも迷わずにできるのがいいみたいです。
やり始めると黙々といつまでもやってます。

お好みの長さになったら、両端にポンポンをつければできあがりです。
ガムテープの芯で作った装置だと、幅2、3センチの細いものしかできませんが、長めに作ってくるくると巻けばとても暖かいらしいです。

マフラー作りは集中力を高める訓練になる!?

リリアン編みのマフラー
実を言うと、長女が通っている保育園で子ども達がつくっているのを見かけたんです。
男の子も女の子も例外なく夢中になって、みんなが黙々と作っているという話を聞いて家でも作ってみることにしたんです。
子どもが帰りの準備をする間、先生にはいろいろ教えていただきました。その節はありがとうございます。

さて、このマフラー作り。
先生も「子どもたちが夢中でやってる」と言っていたんですけど、これ本当です。
まさに一心不乱。
となりで長男が叫ぼうが、踊っていようが、なんなら話しかけても気づかないくらい集中してやっています。
編み始めたとたんに、すっと集中状態に入っていくんです。

集中力は日々鍛えることでどんどん高めることができますが、逆に言えば、日々の中で集中する機会がなければ、集中力はどんどん低下していくということでもあります。

子どものうちは、遊びをとおして成長していくというのが私の持論なので、集中力を高めるのにも遊びを使います。
といっても、子どもが夢中になれる遊びを考えて提供するだけなんですけど。

このマフラー作りだったら、かつてないくらい集中する子どもの姿を見ることができます。
しかも、じぶんの作ったマフラーを身につけることもできるので、子どもも大喜びです。
自分で何かを生み出すという楽しみもありますしね。

いろいろ書いたけど、マフラー作るのは楽しい!

必要な時に集中してことにあたれる、というのはそれだけで財産です。
集中力は突然身につくものではないので、子どものうちから少しずつでも身につけていきたいものです。
自分は、子どものころの通信簿に『注意力散漫』とよく書かれていたタイプなので、なおさらそう思います(笑)

子どもが夢中になるものって、大人にとってもおもしろいものであることが多いので、一緒に楽しむのもありです。
共通の楽しみがあると、親子の会話も格段に増えます。
なんなら「ママ(パパ)すごーい!」という賞賛のまなざしも手に入りますよ。

Pocket