スリル満点!ねことねずみの大レースがアツい!!

Pocket

寒い真冬に外遊びに連れて行きたくない・・・。

そんな気持ちから購入にいたったねことねずみの大レースですが、これが思いのほか楽しかったのです。

子ども向けのボードゲームと侮るなかれ。

大人も本気で楽しめてしまうねことねずみの大レースを紹介します。

SPONSERD LINK

ねことねずみの大レースってどんなゲームなの?

image

 

このゲームは、ボードゲームの本場ドイツで選定されるドイツ・ゲーム・オブ・ザ・イヤーの子ども部門で2003年に大賞を受賞したゲームです。

基本的にはすごろくのようなもので、サイコロを振って出た目の数にしたがって自分のコマ(ねずみ)を進めていきます。ゴールであるねずみの王国と、途中の小部屋にはチーズがあり、ネズミたちはそれぞれひとつずつチーズを取ることができます。スタート地点から離れれば離れるほどチーズは大きくなり、最終的に一番多くのチーズを手にした人が勝ち、というゲームです。

 

このゲームの面白いところは、ねずみを追いかけて食べてしまう”ねこ”がいるところ。

サイコロを振ってねこの目が出ると、板状のねこを1マス動かさないといけません。もちろん、ねずみたちはねこに追いつかれると食べられてしまいます。

しかも、このねこは2週目になると1度に2マスずつ進んで追いかけてくるんです!

ねずみがチーズを手に入れるのが先か、ねこに追いつかれて食べられてしまうのが先か。

スリル満点、どきどきの追いかけっこの始まりです。

 

結局のところ運で勝負するゲームだけど、意外と頭も使う。

image

子どもって、負け続けるとふてくされて遊ばなくなっちゃいませんか? それでいて、手加減してるのがわかるとそれはそれで面白くないみたいだし。難しいものですよね。

その点このゲームは、サイコロを振ってどの目が出るかは完全に運任せなので、おとなと子どもが一緒に遊んでも手加減することなく楽しむことができます。

ただ、運だけでは勝負が決まらないのが面白いところ。

 

そう、ねこです。

 

途中の小部屋に入ってチーズを取ればねこには食べられないけど、もらえるチーズは小さくなる。

ねずみの王国までがんばれば一番大きなチーズがもらえるけど、ねこに追いつかれるリスクは高くなる。

ねこに追いつかれると食べられてしまうので、ねことねずみの距離を見ながらなるべく大きなチーズを手に入れられるように考えるわけですが、これがなかなか思いどおりにいかないんですよね。

 

ねこはまだまだ遠くにいるな、と油断していると、連続でねこの目が出続けて、逃げる間もなく食べられることはよくあります。

逆に、ねこが迫ってきた!と慌てて小部屋に逃げ込んだものの、その後ねこの目が出ずに悔しい思いをするなんてこともあったり。

このさじ加減が難しいんですよね。

ま、何も考えてない子どもがあっさり勝ちを拾っていったりするんですけど!

 

ねこに追いかけられる恐怖がめちゃくちゃ楽しい!

image

このゲームのすばらしいところは、やはりねこがいるところですよね。

2週目に入って2マスずつねこが迫ってくるときのあの恐怖!

誰かがねこの目を出すたびに「またねこだー!」「こないでー!」と恐怖におののく子どもたち!!

ゲームなんて楽しんだもの勝ちなので、もちろん私も一緒になって怯えます(笑)

いやもう、本当に楽しい。

 

対象年齢は4歳から。

image

ルールが理解できるようになるのがそれくらいってことなんでしょうか。

 

ただ、うちの1歳の息子はサイコロ係としてゲームに参加しています。

みんなのかわりにひたすらサイコロを振り続けるだけ(笑)

でも意外と楽しんでいるようです。

 

サイコロ振りに飽きてくると、今度はねこに食べられて退場したねずみや誰かにもらわれたチーズで遊び始めます。

大好きなトラックの荷台に載せて走らせてることが多いですかね。

荷物の代わりとして使っているわけで、まぁ、ある意味正しい使い方。

小さい部品が多いので、気をつけて見ている必要はありますが、1歳児は1歳児なりの遊び方ができるようです。

なにしろ、ゲームはせずとも、トラックに乗せるためだけに箱を開けたりしてますからね。

 

(使い方をゲームに限定しなければ)どの年齢でも楽しめるボードゲームです。

ルールも簡単なので、友達が来たときにも重宝しています。

 

Pocket