バタフライツイストの携帯シューズが入学式や授業参観におすすめ

Pocket

もうすぐ長女も小学生。
小学生になると、入学式をはじめとして授業参観などで学校へ行く機会も増えると
思うんですよね。
そこで必要になってくるのが室内用のスリッパ。
近々行われる入学説明会の持ち物にもしっかり『上靴』という記載がありました。
室内用のクツはこれまで持っていなかったんですけど、せっかくなので入学説明会を前に新調することにしました。

SPONSERD LINK

バタフライツイストの携帯シューズが人気らしい

いろいろ調べてみると、バタフライツイストというメーカーのものが人気らしいですね。
なんとロンドンの街中では女性の大半が履いているらしいですよ。
何がそんなに人気なのか気になったので、買う前にちょっと調べてみました。

デザインがおしゃれ!

確かにデザインがおしゃれ。
『スリッパ』とは呼べない感じ。あくまでも『室内用シューズ』。
というか、外履きとしても使えるみたいなので、室内用シューズですらないみたいです。
公式サイトではポケッタブルシューズという呼称が使われていました。

デザインの種類や色も豊富です。
シンプルな黒から、派手なヒョウ柄まであり、たんなる室内履きとしてだけでなく、いろいろなシーンで使えそうです。

ちゃんと実用的

きちんと木型に入れて成形・縫製しているので、履き心地が抜群らしいです。
インソールには耐久性の強いスポンジ素材が使用されていて、歩くときの衝撃もやわらげてくれるとか。
それなのに、折りたためば手のひらサイズにまで小さくなるという使いやすさ!
普段使っているカバンの中にもすっぽり入るので、持ち歩きに便利なんだとか。

見た目も良くて、しかも実用的だなんて素晴らしい!
よし、これにしよう!

実際に買ってみた感想

メインの使用目的が学校行事で使うことなので、目立ちすぎず、どんな服にも合わせやすい黒を選びました。
使用頻度も高くないから長く使えるだろうという予想のもと、6年後でも履いていて違和感のない、おとなし目のデザインです。

さっそく開封してみましょう。
バタフライツイスト
2つに折りたたまれた状態で入っていました。
靴を入れるための袋も付いています。

バタフライツイスト
ちなみに、サイズ感はこれくらい。

バタフライツイストインソール
靴底にはしっかりとクッションが入っています。
指で押すと少し沈むくらいですが、写真ではよくわかりませんね・・。

バタフライツイスト靴底
靴底には伸縮性のある合成ゴムが使われているそうです。
合成ゴムは、靴の底剤の主流にもなっている素材なので、外履きとして使えるというのにも納得です。

バタフライツイスト
開いたところ。
折りたたまれているので、中央で曲がってしまうのは仕方ないですね。
手を使わずに履くのはちょっと難しいです。

バタフライツイスト履いたところ
曲がっていたところが気になるかなと思ったんですけど、実際に履いてみたらほとんど気にならなかったです。
インソールのクッションがしっかりしているからか、履いていてとても気持ちいい!
さすがに長時間これで歩きまわるのは大変そうですが、少しくらいなら大丈夫そうだという気になります。
小学校の床とか廊下って冷たーいイメージがあるんですけど、これで冷気も遮断してくれたら最高なんですけどねぇ。

デザインによってお値段もさまざまですが、シンプルなものなら3,000円代から購入できます。
携帯スリッパとしてはちょっと高いかなと思いますが、この手軽さと履き心地が手に入るなら買う価値はあると思います。
室内履きを探している人はぜひ検討してみてください。

Pocket