冬に赤ちゃんをひとりでお風呂に入れるときのアイデア

Pocket

慣れないうちは赤ちゃんをお風呂にいれるのってとっても大変!
赤ちゃんを入れる時には夫婦で協力して・・・なんてアドバイスはよく聞きますが、そもそも夫の帰りが毎日遅い人はどうしたらいいの!?
まして、ひとりで寒い冬に風邪をひかないようにお風呂に入れるためにはどうしたらいいんだー!!

と、長女が赤ちゃんの時にはひとりであたふたしていました。
私の夫も激務だったため、1人目も2人目も毎日ひとりでお風呂に入れていたんです。というか、今も入れています。
ひとりで立てるようになったら、お風呂に入れることもぐっと楽になります。

SPONSERD LINK

入る前の準備が1番大事!

お風呂からあがった後で使うものを、すべて使いやすい状態でそろえておくこと。
これさえできていれば、ひとりでお風呂に入れることもそんなに難しい話ではありません。

脱衣所に用意しておいたもの

わたしは脱衣所に置いたバウンサーに座らせて子どもを待たせていたので、お風呂に入れるときに、バウンサーにささっと大判のガーゼを敷いていました。
床にバスタオルを敷いて寝かせるというのも考えましたが、寝返りができるようになると転がっていってしまうのでやめました。
お風呂から出たあとは、とりあえず子どもを座らせてガーゼでくるみ、自分の体をふいてパジャマを着ていました。
そのあとは、くるんだガーゼごとリビングへ。
待っている間におしっこをしてしまうこともあったので、ぞうきんも用意しておくと安心です。

リビングに用意しておいたもの

リビングには、バスタオルと、その隣に広げたパジャマとオムツを用意していました。
そのほかに、保湿剤やめんぼう、予備のオムツなどもあると便利です。

リビングへ来たら、くるんであるガーゼごとバスタオルの上に寝かせ、丁寧に体をふきます。
体をふいたら、隣に用意しておいたパジャマの上に移動させて着せます。
保湿剤を塗るならこのタイミングですかね。
赤ちゃんはドライヤーをかける必要はありません。
成長して髪がふさふさになり、乾かさないと風邪をひきそうなときには、30センチ以上離れたところから一ヶ所に当たり続けないようドライヤーをかけてあげてください。

自分が体を洗っているときはどうやって待たせていたか

上手に座れるようになるまでは、脱衣所でバウンサーに座って待っててもらってました。
顔が見えないと泣くので、寒くなるまではお風呂のドアを開けて話しかけながら入っていましたね。
冬場ですか?冬場は、申し訳ないけど泣いててもらいました。
かわいそうではあるけど、急いで洗えば10分から15分くらいで終わります。
夫は仕事が忙しいし、私が風邪でダウンしてしまうとどうにもならないので、この辺は割り切ってましたね。
逆に、泣き疲れて眠ってしまうと、急に泣き声が聞こえなくなるから怖かったです。

バスチェアーを使って、一緒に浴室に入るという手もありますが、冬は寒いです。
赤ちゃん用品を売ってるお店の店員さんには、時々お湯を体にかけてあげれば大丈夫って言われましたが、全然大丈夫じゃないですよ。
体がぬれてるとものすごく寒いんです。
自分がやってみたらわかります。
私だったら、時々どころか常にお湯をかけてないと凍える!ということで、バスチェアーは使いませんでした。
もしバスチェアーを使うなら、ぜひとも座ったときに冷たくないものを用意してあげてください。

座れるようになったら洗い場でも待てる

上手に座れるようになったあとは、洗い場に座らせて待っていてもらいました。
冬場は食器カゴにお湯をはって、その中で。
食器カゴはもちろん1番大きいサイズで。こんなのです。

ホームセンターあたりで売ってます。
要は子どもが座れるくらいの大きさの容器にお湯をはって、簡易的なお風呂にしてしまうんです。
1歳の子どもがちょうど足を伸ばして座れるくらいの大きさだし、深さもないので、浴槽にひとりで入れるよりも安全です。
ただのプラスチック容器なのでお湯が冷めるのも早いですが、洗い場でお湯をかけながら待たせるよりは寒くないんじゃないかなーと思います。
うちの子どもたちは、おもちゃを入れておけばひとりでご機嫌に遊んでいました。
ただし、赤ちゃんは水深が10センチもあれば溺れられるものなので、絶対に目を離さないようにしてくださいね。
私はシャンプーするあいだも下を向いたりせずに、極力目をあけてやってました。
洗顔は子供が寝てから洗面所で。
面倒ではありますが、長くても2、3年のことです。
赤ちゃんの溺死の原因NO1はお風呂で目を離したすきに、ということなので、慣れてきても油断せずにお風呂に入れてあげてください。

おもちゃはお湯に浮かべるものよりも壁に張り付くものがオススメ

視線を上にあげることで、転倒を防ぐことができます。
ぷかぷか浮かんで逃げるおもちゃを取ろうと手を伸ばして、バランスを崩すなんてこともありません。
とはいえ、あまり高すぎても危険なので、子どもの目線くらいの高さがいいと思います。
お風呂の壁にはれるというおもちゃのほか、大抵のユニットバスならマグネットがくっつきます。

ついでに言うと、水に沈むおもちゃは絶対ダメです。
お風呂用のおもちゃはたいてい浮かぶ設計になっていますが、なかに水がはいると沈むもの(たとえばじょうろなど)は気をつけてあげてくださいね。
何かの拍子に水が入って沈んでいくと、子どもはためらいなく手を伸ばします。
私も初めて見たときは目を疑いました。いやいやいやいや、そこに水面があるじゃないの、と。
でも、子どもはまさか取れないなんて思わないんですよ。だって見えてますから。
そして顔から勢いよくお湯のなかにつっこんで泣くわけですね。
一緒に湯船につかっているときなら笑い話以外のなにものでもないんですけど、目を離したすきにされると慌ててしまうので一応。

Pocket