食べてしまっても安心。手作りの小麦ねんどで遊ぼう!

Pocket

子どもってねんどで遊ぶのが大好きです。
でも、口に入れてしまうのが心配・・・そんな風に思ったことはありませんか?
手作りの小麦ねんどなら安心ですよ。
材料は小麦粉と水と油と塩だけなので、小さな子でも安心して遊ばせることができます。

SPONSERD LINK

小麦ねんどの作り方

image
まず、材料を用意しましょう。
小麦粉と水、油を少々、塩はひとつまみあれば十分です。
色をつけたい時は、食紅も準備しましょう。

作り方はとっても簡単。
ボールに材料を入れて、こねこねするだけです。
うちでは耳たぶくらいの固さを目安に作っていますが、固さはお好みで調節できます。
水を入れすぎるとねちょねちょになってしまうので、少しずつ様子を見ながら入れるといいと思います。
色をつける場合、材料を混ぜる前に入れると簡単にできます。
ねんど状になってから混ぜてもできるんですけど、大変です。

娘に作るときは色の指定が多いので、粘土状になってから混ぜることが多いんですけど、結構力がいるんですよね。
ま、パン生地作ってるようなもんですから。
食紅を混ぜる時は、中心に入れ込むようにしてやると比較的手につかずにすみます。

密閉できる容器で冷蔵庫に入れれば、1週間くらいはもちます。

あとは子供と楽しく遊ぶだけ!

image

写真にも写っていますが、遊ぶ時には机にビニール袋をはっています。
片付けるときに、くるっとまるめて細かいねんどもろとも捨ててしまえるのでとても便利です。
粘着力の弱いタイプのガムテープを使うと、はがす時にもストレスがありません。
引越しのときによく業者さんが持ってくるあのガムテープです。
なんていう商品なんだろう?ちょっと名前がわかりませんが。

ねんどの道具だけはいくつか買っています。
保育園で使わなくなったねんど版とかもありますけど(なぜか2枚も!)。

たまにはみんなでねんど遊びも楽しい!

image
実はつい先日もねんどを作って遊びました。
娘のリクエストで5色も作りましたよ。5色も。
母は大変でしたが、娘はカラフルなねんどで楽しそうに遊んでいました。
これはクリスマスのスペシャルケーキだそうですよ。

昼寝から起きてきた息子(もうすぐ2歳)も興味津々でよってきて、おもむろに口に入れました。
違う。食べ物じゃない。

作るのは大変ということならば市販品もあります。
娘が小さかった頃は小麦ねんどしかなかったけど、今は米粉ねんどもあるんですね。
小麦にアレルギーのある子でも安心して遊べますね。

Pocket