自分のためのご褒美チョコに!甘さ控えめで美味しいダスカリデスグループのチョコレート

Pocket

今年もおいしい季節がやってきましたね!
そう。バレンタインです。

わたし、毎年この時期だけは、好きなだけ高級チョコを楽しむことにしているんです。
気が早いと言われようが、年が変わったあたりからチョコレートを見てそわそわしています(笑)

私がいつもひいきにしているのが、ダスカリデスグループです。
ベルギーやフランスのチョコレートを扱っている会社なのですが、バレンタインとホワイトデーの時期しか販売しないんです。
余計な広告費をかけないから、お値段も良心的というダスカリデスグループ。

今年もたくさん頼んだので、どんなチョコレートだったのかを紹介します!

SPONSERD LINK

注文したチョコレートはこちら


☆ジャンフランソワ・ベー
☆デジレー
☆ラフェヴァリ
☆ヴォアザン
☆クァウテモック

ジャンフランソワ・ベー

チョコレートソムリエによる今までにないフルーツ専門のベルギーブランド。
ヨーロッパの有名チョコレートブランドで経験を積み、チョコレートソムリエとして活躍している『ジャンフランソワ・ベー』が今までの経験と知識、情熱を注いで誕生したフルーツ専門ショコラです。
ストロベリーやバナナ、パッションフルーツ、ライム、定番から珍しい多種の果実を味わえる魅力あふれる傑作です。


ジャンフランソワ・ベーはフルーツが主役のチョコレートということなのですが、たしかにフルーツの香りがしっかりとします。
中に入っているガナッシュやクリームは甘いですが、まわりをビターチョコでつつんであったりするので、あまりくどく感じません。

フルーツによっては酸味もあるので、続けて食べても飽きがこないのも嬉しいところ。
ついつい、つぎの一粒に手が伸びてしまうのは、嬉しくないところかもしれません(笑)
食べすぎちゃう〜!

フルーツの香りが強いので、香りのついたものが苦手な人にはオススメできませんね。
どちらかといえば、男性よりも女性が好みそうな味のチョコレートだなという印象です。

デジレー


デジレーは、チョコレートなのにくどすぎず、あっさりしたおいしさです。

初めてデパートのバレンタイン特設会場で試食させていただいた時には、甘いのにしつこくないチョコってあるんだ!と衝撃を受けた一品でございます。
以来5年ほど、毎年買い続けています。

毎年食べてるけど、やっぱりこの時期になると、また食べたくなるんですよね。


どれもおいしかったけど、一番のおすすめは写真右上のアンディマンシェ。
ラズベリーの酸味が効いててすっごくおいしかったです。

私が購入した6個入りはバレンタイン前にしてすでに売り切れてしまったようです。
なんてこと!
ホワイトデーに買ってもらおうと思っていたのに、残念です。

ラフェヴァリ


パリのサロンデュショコラで、世界最高賞と言われるフレープラリネ賞を受賞したというショコラもあるそうです。
世界初の技法で作られたというハート型のチョコも、とっても気になります。

ちなみに、ラフェヴァリはフランスのブランドだそうです。


フランスのブランドというところで気づくべきでした。
このチョコレートたち、すごーく甘い!
濃厚な味わいと言えばいいんでしょうか。
なんていうかこう、ガツンとくる甘さ。

よく考えたら、これまでもフランス人パティシエのつくるケーキは甘すぎて、ひとつも完食できた試しがないんでした。
甘いものが苦手なわたしには、ちょっとあいませんでした。

でも、好きな人は好きだと思います。
ガツンと甘いものが食べたいときとか、濃厚な味わいのチョコをご所望の時にはいいかもしれません。

ヴォアザン


こちらもフランスのチョコレートですね。
フランス最高技法の証である『EPV(無形文化財企業)』に認定された実力派ショコラトリーだそうです。


ヴォアザンのチョコレートは、意外にも甘すぎずおいしかったです。
ビターチョコやダークチョコでコーティングされているものが多いからかもしれません。

金箔の散らされたひと粒は、ダークガナッシュとビターチョコを組み合わせているそうで。
そりゃぁ、甘すぎるわけないですよね。
とってもおいしくいただきました。

クァウテモック


こちらはベルギーチョコですね。
香りづけにシャンパンやアルコールが使われているので、完全に大人向きのチョコレートです。
日本限定販売のブランドで、毎年完売商品が続出するほどの人気だそうです。

このチョコレートは、会社の上司に渡すために買ったので、中身の写真はありません。

去年は自分でも食べたような気がしますが、ほのかにアルコールの香りのするものもあったりして、「オトナの味やなぁ」と思ったのを覚えています。
あんまり甘くもなかったし。
ただ、そのアルコールの香りがあまり好きではなかったので、今年は買わなかったんですよね。
子どもを生んでから、どうもアルコールは苦手で。

特典のプレゼントも充実!

ダスカリデスグループでは、それぞれのブランドで1,080円(ラフェヴァリは1,200円)以上買うと、特典のプレゼントがついてきます。
ヴォアザンだけはないんですね。気づいていませんでした。
内容はブランドごとで違いますが、トリュフや板チョコなどがもらえます。
渡す前の味見用としても最適ですね。


私は、今回の購入でこれだけのプレゼントをいただきました。
とっても嬉しいです!

ダスカリデスグループのチョコレート

私が初めてダスカリデスグループのチョコレートに出会ったのは6年前です。
デパートのバレンタイン特設コーナーで試食をいただいたのがきっかけでした。

昔から『チョコレートは好きだけど、甘いものは苦手』というメンドくさい人間だったのですが、その甘さ控えめなおいしさに惹かれて、毎年購入しています。

バレンタインとホワイトデーの時期にしか買えないという特別感もいいのかもしれませんね。
デパートなどの特設コーナーのほか、インターネットでも購入できます。
ただ甘いだけではない絶品チョコで、ぷち贅沢をしちゃいましょう!

Pocket