七五三のレンタル着物ってどんなもの?実際に頼んでみました。

Pocket

長女が7歳になった今年、七五三のお参りをすることにしました。
着物とは縁のないわが家ですので、衣装はレンタルすることにしたのです。

レンタルする先にもいろいろあって、写真を撮ってもらったスタジオで借りることができたり、ネットの貸着物店で借りることができたりします。
今回は、呉服屋さんが営んでいるという「きものネットレンタル好日屋」でお借りすることにしました。

呉服屋さんが営んでいるというだけあって、センスもよく、大人っぽいデザインのも着物が多いところが、ちょっと背伸びをしたいお年頃の長女にはピッタリだったようです。
初めての着物レンタル。しかも実物を見ることなくネットで注文したのですが、とっても素敵な着物で、いい思い出に残すことができました。

とはいえ、レンタル着物って実際どうなの?と思う方、きっとたくさんいると思います。
実際に届くまで実物が見られないということはもちろん、着付けの問題もありますもんね。
そのあたり、わが家ではどうだったのかをお話ししたいと思います。

SPONSERD LINK

レンタル着物はどうやって届くの?

レンタル着物
今回、着物をお借りするお店では、着物と帯だけでなく、長襦袢(肌着)や足袋、帯締めなど、着物を着るのに最低限必要なものはすべて一緒に貸してくれます。

わたし、てっきりダンボールで届くと思ってたのですが、実際には、小ぶりなトランクに入って届きました。
トランクの上からビニール袋もかけられていて、雨対策もバッチリです。

ちなみに、このビニール袋は返却するときにも使うようにと指示があったので、捨ててはいけません。
他のお店はどうかはわかりませんが、開封して返却の仕方を確認するまでは何ひとつ捨てたり破いたりしないのが無難ですね。

さて、ではトランクを開けてみましょう。
image
きれいに収められていますね。
わたしは使った後で元どおりにしまえる自信がないので、写真を撮っておきました(笑)
中身があっちこっちいかないように、ちゃんとゴムで留めてあるんですねー。

中に入っているのは、これがすべてです。
レンタル着物
あ、写ってませんがもうひとつあります。着払い伝票です。
これがないと、送り返せませんものね。

ネット注文のレンタル着物で不安なところは、やはり品質だと思うのですが、今回お借りした着物はとっても素敵でした。
こう言ってはなんですが、某写真館でみたレンタル着物とは大違いです。
やっぱり呉服屋さんで借りてよかったー。

着付けはどうしましょう

レンタル着物
レンタル着物で貸してもらえるのは着物だけ、というところがほとんどです。
着物の着付けは自分で手配しなくてはいけません。

方法としては、美容院でお願いするか、自分で着せるか、ですね。
わが家では、わたしが頑張って着付けをすることになりました。
なにも「自分で着せてあげたい!」とか思ったからではありません。
学校の振り替え休日が10月にあったので、月曜日なら神社もすいてるよねーって着物を注文してしまったんです。
月曜日にはほとんどの美容院がお休みなのに気づいたのは、9月の終盤でした…。
わたしったらうっかりすぎる!

というわけで、初めて着付けをしたのですが、思いのほか簡単にできました。
飾り帯だったというのが1番大きいですが、成人式だなんだと自分が着物を着る機会があったのもよかったですね。
着物ではないけど、浴衣は毎年着ていたし。
あとは素晴らしい動画のおかげです。
こちらの動画が詳しくてわかりやすかったです。

とはいえ、自分で帯を締めるとなるとかなり大変です。
わたしも浴衣ならなんとかなるけど、着物の帯はまったく自信ありません。
自宅で着付けをするという方は飾り帯かどうかも、忘れずにチェックしてくださいね。

返却時はどうするの?

七五三のお参りを済ませて、写真もいっぱい撮ったら、着物を返却します。
送られてきたトランクの中に詰めなおして返却することになります。
着物の汚れをチェックして、品物の数が揃っているかを確認して、丁寧にしまいましょう。
着払い伝票を記入したら、宅配業者さんに電話すれば、家まで荷物を取りに来てくれます。
次の人が待っている場合もあるので、期日はしっかり守って返却しましょうね。

もし、着物が汚れていたり、しみがついてしまったりしても、慌ててはいけません。
着物のクリーニングは特殊で、洋服のクリーニングでは上手に汚れが落ちないことがあります。
そのため、『返却時にクリーニングは不要』なレンタル着物店がほとんどです。
まずは着物を借りたレンタル着物店で、汚れた場合はどうしたらいいのかを確認しましょう。

実はわたしも、着物に口紅をつけてしまったんです。
着物を借りるときに、着物のお値段プラス千円で『汚れてもクリーニング代を請求しない』というあんしん保証をつけていたので、金銭的な負担はありませんでした。
返却時には、「汚れた部分」や「どんな汚れか」を紙に書いて同封します。
『汚れてもクリーニングは不要』と書いてあったので(しかも赤文字で!)、着物はそのままトランクに入れました。
image

レンタル着物は手軽で品質もよかった

着物をレンタルしたのは初めてだったので、品質にも不安があったのですが、実際に届いた着物はとても素敵なものでした。
両家の両親も招待してのお参りだったのですが、どちらの家の母にも好評でした。
「こんないい着物どうしたの?」って聞かれましたもの。

借りるのも返すのもとってもお手軽で、言うことなしです。
着物があいてさえいれば(他の人が借りていなければ)、すぐに発送してくれるので、早く着物が手元にほしいという方にもおすすめですよ。

レンタル着物にはどんな柄があるのか気になった方には、こちらの記事がおすすめです。
タイプ別のおすすめ着物レンタル店3つ!

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*