長女に永久歯が生えてきたのでシーラントをしてもらってきたという話

Pocket

永久歯が生えたらシーラントしてもらったほうがいいよって言われたけど、シーラントってなに?どんなもの?
痛いの?痛くないの?

初めて『シーラント』という言葉を耳にした方はそんな疑問でいっぱいだと思います。
少し前まで私もそうでした。
虫歯予防に効果的らしいということは知っていても、詳しいことはさっぱり。
身近にシーラントをしたという人もいなかったために経験談を聞くこともできず、どうなのかなぁと思っていただけでした。

でも、たまたまお話したお友達のお母さんから「シーラントしたよ」というお話を聞く機会があり、確かに虫歯予防に効果がありそうだなと思ったので、さっそく長女を歯医者さんに連れていって処置してもらいました。

では実際にシーラントとはどのようなものだったのでしょうか。

シーラントってどんなもの?

シーラントとは、主に奥歯に対して処置するものです。
特に奥歯の噛み合わせ部分は、歯ブラシの毛先も入らないような細いミゾがあります。
歯ブラシの毛先が届かないんですから、どれだけ一生懸命みがいても汚れを完全に取り除くことは難しいです。

シーラントは、歯ブラシの毛先が届かないというそのミゾを樹脂で埋めて固めるという虫歯予防の方法です。
物理的にミゾを埋めてしまうため汚れが入り込むこともなく、虫歯になりにくいのがメリットです。

しかし、ミゾを埋めるという予防方法なので、すでに虫歯がある場合にはできません。
なので、シーラントを始めるチャンスは永久歯が生えてきたときのいちどきり。
歯医者さんで教えてもらった話によると、6歳臼歯が生えた時点で埋めてしまうのがいちばんということです。
6歳臼歯が4本生えそろうのを待つ必要はなく、それぞれの歯が完全に姿を見せた時点で処置をすることができるようになります。

デメリットは、樹脂の一部が欠けてしまうと、かえって虫歯になりやすくなるということです。
シーラントは、ミゾの部分を樹脂で固めているだけなので、一度埋めたらずーっとそこにあるというものではないようです。
実際、長女も1ヶ月ほどで一部が剥がれて取れてしまいました。
取れてしまった場合は、もう一度処置をすることになります。

このように、剥がれてしまったら再び樹脂で固め、また剥がれたらまた樹脂で固める。というようなことを繰り返して、虫歯になりにくくするのが目的です。
また、シーラントをしたからと言って虫歯にならないというわけではないのも忘れてはならないポイントです。
あくまでも予防法のひとつという位置づけで、歯磨きもしっかりしないといけません。

それでも、やった場合とやらなかった場合では、虫歯になる確率がかなり変わってくるので、6歳臼歯が生えてきた時点で処置をするのがおすすめです。

シーラントはメンテナンスをきちんとすることが重要

樹脂で固めた部分がちょっと取れてしまったけど、ほとんどの部分はまだ残ってるし放っておいてもいいかな。というのは厳禁です。
先ほども言いましたが、欠けてしまった部分は虫歯になりやすいので、そこから虫歯は進行していきます。
なので、定期的に口の中をチェックして異常がないか、変わりはないかを確認することが大切です。

最近の歯医者さんは定期検診のお知らせもしっかり教えてくれるところが多いので、そのタイミングでシーラントの状態もチェックしてもらうのがいちばんいいと思います。
もし欠けてしまっていたりしたら、すぐに処置しなおしてもらうようにしましょう。

わが家の長女の場合は…

お兄ちゃんがいるという、長女の同級生のお母さんにオススメされました。
もう6年生になるというそのお兄ちゃんはもともと歯が弱く、乳歯の頃から虫歯予防のために歯医者さんに通っていたそうです。
奥歯が永久歯に生え変わってきた時点でシーラントをすすめられて処置したそうなんですが、6年生の時点でまだ虫歯は一本もないとのこと。
あくまでも予防であって完全に虫歯を防げるものではないけど、絶対にやったほうがいい。というので、わが家でも検討することに。

ちょうど6歳臼歯がはえてきたところだったので、かかりつけの歯医者さんに相談したところ、ふたつ返事で処置してくれました。
あとから長女に聞いたところ、痛みはもちろん、不快感もなかったそうで、静かに処置を終えることができました。
その後、ものを食べるときにも違和感はないそうで、これまで通りの食生活をしています。

約1ヶ月後に固めた樹脂が一部剥がれてしまいましたが、これは仕上げみがきのときに気がつくことができました。
長女の場合は、なんというか、いつもと違う感じがしたんですよね。
樹脂で固めたところって、要は歯の隙間に樹脂を流し込んで固めたものなので、ずーっとひとつながりにつながっているんですよね。
それが途中でぶちっと切れているというか。
夫の言葉をかりれば「歯石がついてるように見えた」感じです。

最初は、わたしたち夫婦もそれがなんだかわからず、とりあえず先生に診てもらおうということで連れて行ったら、樹脂の一部が欠けていたのがわかったんですね。
なので、なんだか違和感があるなと思ったら連れて行ってみたほうがいいのかもしれません。
何もないならないで安心できますしね。

しっかり管理すればメリットは大きい

メンテナンスを怠るとかえって虫歯になりやすくなってしまうこともありますが、きちんと管理できてさえいれば、その効果は大きいです。
自分が虫歯だらけなので、なおさら歯の大切さは身にしみてわかっているつもりです。
将来「年を取ったときにどれくらい歯が残ってるかな…」なんて心配をしなくても済むように、できるだけのことはしてあげたいものです。

シーラントを始めることができるのは、乳歯が生えてきたときのいちどきりです。
こどもの6歳臼歯がはえてきたら、なるべく早くかかりつけの歯医者さんに相談してみましょう。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*