読み聞かせはいつから?赤ちゃんのためのファーストブックの選び方

Pocket

子どもにはたくさん本を読んであげたい!
でも、絵本の読み聞かせはいつからできるの?
赤ちゃんはどんな絵本を読んであげたら喜ぶ?

私も、子どもに初めて絵本を贈ったときにはわからないことだらけで戸惑いました。
図書館や本屋さんに行ってみても、赤ちゃん向けの本ってたくさんあって、どれを選べばいいのかわからなくなってしまったんです。
せっかく買ってあげるなら、喜んでもらいたい。
そう思って、お姉ちゃんが生まれた当時、お世話になっていた助産師さんにいろいろアドバイスをしてもらいました。

SPONSERD LINK

絵本の読み聞かせはいつからできる?

赤ちゃんに絵本を読んであげるのは0ヶ月からOKです。
ただ、ストーリーはまだ理解できないので、親子のスキンシップという意味合いが強くなります。
それに、生まれてすぐはお母さんの方にも余裕がなく、毎日のお世話でいっぱいいっぱいになりますよね。
実際、私も絵本の読み聞かせを始めたのは3ヶ月になった頃からでした。
なので、読み聞かせは0ヶ月からOKというよりも、いつから始めても大丈夫という感覚でいいのではないかと思います。

赤ちゃんはどんな絵本が好き?

赤ちゃんが好むのは、はっきりとした明るい色彩のものです。
淡い色彩のものは、まだしっかりと認識できないからです。
同じフレーズを繰り返すものも、赤ちゃんは好きですよね。
これは、リズム感があるためとも、先が予測できるという安心感が得られるためとも言われています。
また、1ページの中で何度も場面転換するような絵本は、難しくて理解しにくいようです。
見開き1ページで1場面ずつ描かれているようなものがおすすめです。

おすすめのファーストブック

じゃあじゃあびりびり

お姉ちゃんのファーストブックに選んだのが、まついのりこさんの「じゃあじゃあびりびり」です。
みず、かみ、くるま、ねこ・・・。
みずはじゃあじゃあ。かみはびりびり。くるまはぶーぶー。ねこは・・・?
いろいろなものの名前と、それらの出す音だけで構成された、とてもシンプルな絵本です。
絵もカラフルでいてとてもシンプルなんですよ。
オノマトペ(擬音語)とともに、ものの名前も覚えることができます。

くっついた

息子のファーストブックに選んだのは三浦太郎さんの「くっついた」です。
『◯◯さんと◯◯さんが くっついた』というテンプレートに沿ってすすんでいきます。
きんぎょさんが、ぞうさんが、おさるさんが。
みんながくっつく姿を見ると嬉しくなるのか、この本を読むといつもにこにこしていました。
この絵本でも、シンプルな絵が使われています。
それでいて、カラフルな配色になっているので、見ているだけで楽しくなってくる一冊です。

だるまさんシリーズ

0歳の頃にとってもよく読んだのが、かがくいひろしさんのだるまさんシリーズです。
「だるまさんが」「だるまさんの」「だるまさんと」の3冊がありますが、子どもたちはどれも大好きでした。
予想もしない斜め上の展開に、親である私も思わず笑ってしまうくらい楽しい本です。
保育園でも人気があるみたいですよ。
息子のクラス(1歳児クラス)では、だるまさん遊びなるものもやっているそうです。
なんでも、だるまさんの真似をして「びろーん」としたり、「ぷしゅー」ってしたりするんだとか。ちょっと楽しそうです。
なんだか愛嬌のあるだるまさんの絵もとっても愛らしく、うちの子どもたちが0歳のときに一番よく見た絵本かもしれません。

読み聞かせはとても幸せなひととき

赤ちゃんのときに限ったことではないですが、読み聞かせをしている時間はとても幸せなひとときです。

私は、子どもがお座りできないうちは隣に寝ころんで読み聞かせをしました。
お座りができるようになってからは、膝の上に座らせて。
まだ1歳の息子はもちろんですが、お姉ちゃんは6歳になった今でも、時々「おひざで読んでー」と言いながら絵本を持ってきます。

おひざの上であったかい温もりを感じながら絵本を読んであげると、自分もまた幸せな気持ちになります。
読み聞かせって、子どもたちにとっても至福の時間ですが、お母さんにとっても同じなんです。
絵本の読み聞かせは言葉の発達にいいとか、情緒面の発達にいいとか言われたりもしますけど、そんなこと関係なしにたくさんたくさん読んであげてください。
きっとみんなが幸せな気持ちになれますよ。

Pocket