30代で緑内障を発症!その原因と治療法について。

Pocket

実を言うとわたし、前からちょっと眼圧が高め(ぎりぎり正常範囲内くらい)で、一度検査を受けたほうがいいと言われていたんです。
ただ、検査は1時間くらいかかるって言われていたし、検査のあと3、4時間は車の運転もできなくなるしで、延ばし延ばしになってたんですけど、先日えいやっと検査を受けに行ってきました。

検査の結果、左目は初期の緑内障、右目は緑内障の疑いありとの診断を受けました。
視野の欠損はないものの、神経は薄くなっているらしいです。

SPONSERD LINK

緑内障ってどんな病気?

女の子
亡くなった祖父も緑内障だったし、父も緑内障なので、身近といえば身近な病気ではあります。
と言っても、今まで詳しいことはほとんど知らなかったんですけど。

緑内障とは、主に眼圧が高くなることで起きる病気だそうです。
眼圧が高くなることで、目のまわりにはりめぐらされた視神経が圧迫されて機能しなくなってしまいます。
いちど機能しなくなった神経が復活することはないので、放置すると視野の欠損が進み、最終的には失明してしまう、というものです。

根本的に治すことのできない病気なので、基本的には点眼で眼圧を下げ、ひたすら進行を遅らせることになります。
視神系は、中心部が最も強く、端にいくにしたがって弱くなっていくものらしいです。
なので、視野の端のほうから欠けることが多く、中央部分は最後まで残ります。
ひたすら進行を遅らせることで、なんとか寿命を迎えるまで視野を残す、というのが最終的な治療の目標となります。

実際、祖父は80歳近くまで生きましたが、かなり視野は狭まっていたとはいえ、失明には至っていませんでした。
父も、眼圧を下げたことで、進行はくいとめられています。

緑内障になると、まず失明の可能性があることを説明されるせいか、わりと絶望的な気分になる人が多いらしいのですが、前例を知っているおかげであまり落ち込まずにすみました。
楽観的な性格だっていうのもあります(笑)

眼圧が高くなる原因はなに?

花
眼圧が高くなる原因はさまざまで、病気の症状のひとつとして眼圧が高くなることもあれば、眼精疲労などの理由から眼圧が上がることもあるようです。

昔、何かの折りに眼科で『下を向くことが多いと眼圧が高くなる』と言われたことがあるので、姿勢が悪い人は要注意です
スマホやタブレットを長い時間使う人も、眼圧が高くなりやすい傾向にあるらしいです。
目から画面までの距離が近く、しかも顔が下を向いた状態で長い時間動かないからです。
まぁ、確かにスマホを目の高さまであげて見てる人って見たことないですね。
電車とか乗ると、みんなうつむいてスマホ見てる。

あと、極度の近眼の人や、冷え性などの血液の流れが悪い人もよくないんだとか。

ちなみに、わたしは昔っから姿勢が悪いと叱られつづけてきたので、その辺が原因なのかなとちょっと反省しています。
せめて、子どもたちにはきちんとした姿勢を身につけさせないと…。

緑内障の怖いところ

女の子
緑内障の怖いところは、進行が進むまで自覚症状がないことです。
40代になると、4人にひとりは緑内障にかかっていると言われていますが、もしそうなら、自分のまわりでも緑内障の人がたくさんいてもおかしくないことになります。
でも、そんな話はほとんど聞きませんよね。
まぁ自分から「緑内障なんです」って言うことはあまりないということもあるかもしれませんが、自分が緑内障にかかっているということを知らない人がとても多いんだそうです。

目はふたつあるので、ちょっとくらい視野が欠けていても、お互いに補完してくれるんです。
しかも、人間の脳は優秀なので、少しくらいなら、視野が欠けてもかってに補ってくれちゃうんです。
なので、自分で「あれ?視野が欠けてる?」と思うころには、かなり進行が進んでいるんですね。

眼圧を下げて進行を遅らせることしかできないので、気づいたときにはかなり進行が進んでいたというのは、ぶっちゃけ致命的です。
そりゃ、中途失明の原因NO1にもなりますよ。

大切なのは、できるだけ初期の段階で緑内障であることに気づいて、適切な治療をすること。
そのためには、自覚症状がなくても、定期的に眼圧検査をすることが大切です。
コンタクトを作っている人はやりますよね、眼圧検査。
目にぷしゅっと空気を当てられるやつです。
検査といってもあっという間に、それこそ1分もかからずに終わるので、年に1回くらいは見てもらうといいかもしれません。

他には、自分で視野の欠損がチェックできるサイトもあります。
回して確認、「視野の欠け」チェック − 緑内障の情報サイト

こちらも簡単にチェックできますよ。
いちど試しにどうぞ。
あ、でも、わたしみたいにうっかり盲点の存在を忘れると「やばい!視野が欠けてる!」と無駄にあせることになるので、盲点は最初にしっかり見つけておきましょう(笑)

眼圧を下げるために何をしたらいいのか

緑内障
まずは眼科で処方される点眼をしっかり続けることでしょうね。
眼圧を下げるための点眼薬にもいろいろ種類があるらしく、わたしが今使っているのはコソプト配合点眼液というものです。
1日2回やらないといけなくて、しかも点眼後5分間は目を閉じていないといけないんですよね。
朝とか、ただでさえ忙しいのに…!と思いますが、視野を残すためにはしかたありません。

他にも、姿勢が悪かったり、血行が悪かったりするのも眼圧が上がる原因となるそうなので、その逆の行動をすれば、眼圧が上がるのを抑えられることになります。
姿勢をよくして、長時間下を向かないように気をつけないといけません。
目元の血行をよくするために、温めるのも効果があるそうです。

わたしのお気に入りはこちら。

蒸気でホットアイマスク。
ぽかぽか気持ちがいいし、香りもいいんですよね〜。
うっかりそのまま寝てしまうのが玉に瑕です(笑)

緑内障とは、いちどかかってしまうと、おそらく一生おつきあいしていかないといけない病気です。
できるだけ長く視野を残したい!からこそ、あまりストレスになりすぎない程度に頑張っていきたいと思います。

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*