子どもにぴったりの軽くて丈夫な折りたたみ傘 3選

Pocket

長女が小学校に入学してひと月。
保育園時代には使わなかったけど、小学生になったら必要になったものの一つが折りたたみ傘です。

朝家を出るときには雨が降っていなくても、下校時刻になったときにはもう降り始めてるなんてことが、すでに数回ありました。
とりあえず天気予報を見て、降りそうかなというときには傘を持たせていたんですけどね。
まわりのお友達も、折りたたみ傘を持ってくる子が増えてきたということなので、私も検討することにしました。

SPONSERD LINK

子どもに持たせる折りたたみ傘の条件

umbrella
一口に折りたたみ傘といっても種類はいろいろ。
ちょっと調べただけでもいろいろな機能の折りたたみ傘があるようなので、まずはどんなものをもたせたいのかということから考えました。

安全であること

まずはなによりも安全であること。
いま長女が使っている傘は、ジャンプ傘ではなくて、手動で開け閉めするタイプなんですけど、先日もたたむときに指を挟んで涙目になっていたんです。
まぁ、指を挟んだところで大したケガにはならないんですけど、あれって地味にすっごく痛いんですよね。
なので、なんていう名前なのかはわからないんですけど、指を挟まないように保護されているものがいいですよね。

探す過程で、自動開閉できる折りたたみ傘なんてものがあるっていうのも知りました。
その名のとおり、持ち手についているボタンを押すだけで、開いたり閉じたりするという傘です。
おぉ、これは便利!と思ったんですけど、このタイプの折りたたみ傘、手順としては『ボタンを押すと、①柄が伸びて②傘が開く』ということみたいです。

大きくなったとはいっても小学校1年生。
まだまだ視野もせまく、周囲にまで気を配ることができるとは思えません。
自分に当ててケガするだけならまだしも、まわりにいる人や物にも当ててしまう可能性を考えると、ちょっと持たせることはできないですね。
というわけで、自動開閉式の折りたたみ傘は却下ということに。

丈夫であること

地域柄、このあたりは風が強いんです。
つい先日も、風にあおられて傘がひっくり返ってしまい、慌ててる小学生の女の子を見かけました。

というわけで、次の条件は風にあおられても壊れないこと。
骨が丈夫で壊れないというものでもいいし、風にあおられて傘がひっくり返ってしまっても簡単に元に戻せるというのでもいいです。
なんにしろ、傘をさしているときに壊れてしまって、ひとりではどうにもならなくなってしまうという事態は避けたいのです。

小さくて軽いこと

折りたたみ傘なので、当然ランドセルに入れて持ち歩くことになります。
自分の経験上、ランドセルからはみ出してしまうほど長いものだと、しまうのも大変だし、ランドセル自体も傷んでしまいます。
なので、少なくともランドセルにすっぽり納まるというのが、サイズに関する最低条件。

その上で、小さい子どもが持つものなのでなるべく軽く。
もっとも、軽さばかりを重視して、すぐ壊れてしまうのも困るので、重さに関してはあまり優先度は高くないかな。
まぁ、できれば軽いほうがいいかなって感じです。

安全で丈夫で小さい折りたたみ傘がこれだ!

umbrella
そんな条件で探し出した折りたたみ傘がこちら。
長女の好みもあるので、1種類だけではなく、いくつかピックアップしました。

クニルプス Piccolo 7

わたしは知りませんでしたが、『傘といえばクニルプス』と言われるくらい有名なブランドなんだそうです。
ラインナップも豊富ですが、今回は女性用の傘をチョイス。
Piccolo 7 というシリーズです。

公式サイトによれば、

日本女性の発想から生まれた世界モデル
Knirps のテクノロジーを保持しつつ3,800 円(税抜)を実現
バッグに入れやすいスリムサイズ
グラスファイバーを使用した柔軟性のある親骨
受け骨を閉じることで安全性を強化
ランナーの押しボタンには金属が挿入されている – 耐久性
親骨の内側にバネを挿入 – 防風効果
開閉するとき持ちやすく手に優しいランナー(下ろくろ)
7本骨

という特徴があるようです。

ちなみに、しまった時のサイズは『高さ約20センチ直径約6センチ』、開いたときは『直径約88センチ』だそうです。
女性用ということで、かわいい柄がたくさんあるのもいいですね。
うちの娘が好きそうなのはこのちょうちょ柄かなと思いますが、その他にドット柄や花柄もあります。

アマネ

お次はAMANE(アマネ)の折りたたみ傘。

従来のスチール製傘骨よりも高強度、高靱性に優れた傘骨を使用していますので、強風で傘が反り返ってもそのまま閉じれば元に戻る便利な折りたたみ傘です。

つまり、傘がひっくり返ってしまっても、簡単に元に戻せるということなんですね。
閉じただけで元に戻るというのは、楽ちんでいいですよね。

ただ、三つ折りということなので、しまうときにちょっと手間がかかるかもしれません。
置き傘の場合は、傘をしまうのは帰ってきてからということになるので、わたしがやればいいんですけど、それもなぁ…と。
あと、開閉時に指を挟まないように保護されているかどうかの情報がなく、どうなっているのかわからないのがちょっと不安です。
まぁ、ないならないで、気をつけて開いてねと言えばいいだけなんですけど。

アマゾンに載ってた製品情報によると、収納時の長さは23センチで直径は5センチ。
さした時の直径は88センチ。重さは約160gだそうです。

JUVIA(ジュビア) 耐風折りたたみ傘

こちらも、強風でも折れにくくて、ひっくり返ってもすぐに元どおりになるというタイプの傘ですね。
カラフルでかわいい柄なので、女の子にもぴったり!

こちらもアマゾンに載ってた製品情報を載せておきます。

[使用時サイズ(直径×全長)]: 約98cm×約56cm
[収納時サイズ(直径×全長)]: 約6cm×約25cm
[重量]: 約240g
[親骨の長さ]: 55cm
[親骨の本数]: 8本

この傘は、開閉時に指を挟まないように保護されているようなので、その点もいいです。

わたしとしてはこの中だったらどれでもいいかな。
あとは長女の好みにお任せして選んでもらおうと思います。

後日談

長女の希望により、クニルプスのpìccolo7を購入しました。
実際に見てみても、なかなか使い勝手のよさそうな傘です。
詳しいレビューはこちらからどうぞ

参考:小学生にもぴったりの折り畳み傘”クルニプス”の『pìccolo7』 – カラフルトイボックス

Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*