急な怪我や病気でも慌てない!小児救急電話相談を利用しよう。

Pocket

夜中に子どもが高熱を出した!休日に怪我をした!
すぐに病院へ連れて行ったほうがいいの?
それとも、家で様子を見てても大丈夫?
迷った時には、小児救急電話相談を利用してみましょう。

SPONSERD LINK

小児救急電話相談とは?

小児救急電話相談とは、全国同一の短縮番号(#8000)にかけると、お住まいの都道府県の相談窓口に自動転送され、小児科医師・看護師からお子さんの症状に応じた適切な対処の仕方や受診する病院等のアドバイスを受けられるという制度です。

プッシュ回線、携帯電話からは#8000でつながりますが、ダイヤル回線、IP電話、ひかり電話からはかけることができません。
また、地域によっては短縮番号が利用できない場合もあるようです。
その場合は、各都道府県の一般ダイヤル回線からかけましょう。
下記のサイトに一覧が載っています。

小児救急電話相談事業(#8000)について | 厚生労働省

それぞれの都道府県で実施時間が違うので、あらかじめチェックしておくといざというときに慌てずにすみます。

小児救急電話相談ってどんな感じ?

電話がつながると、まずは子供の年齢、性別、住んでいる地域を聞かれます。
そのあと具体的な症状を話すと、その症状に応じて対処の仕方や、今すぐ病院を受診した方がいいのかなどのアドバイスをしてもらえます。
病院を受診した方がいい、ということになれば、近くの救急病院を教えてもらうこともできます。

転勤が多かったこともあって、私は3ヶ所ほど利用したことがあるのですが、このあたりの流れはだいたいどこも同じでした。
電話で診察をすることはできないので、あくまで“アドバイス”という形になりますが、医師や看護師から助言をもらえるということで大きな安心感につながります。
それに、担当の医師や看護師が優しく丁寧に説明してくださることで、なかばパニックになっている頭を落ち着かせることもできます。

実際使ってみてどうなの?

うちの子は幸いにもあまり病気をしない子だったので、急に熱が出た!とかそういうことはなかったのですが、目を離した隙にケガをすることが多かったんです。
いちばんひどかったのが、2歳の時に階段のてっぺんから1番下まで転がり落ちたことですね。

運が悪いことに土曜日の夜で、病院はどこもやってません。
すぐに泣き出したので、とりあえず命に関わるようなことはないだろうと思いつつも、心配で電話をしました。
結果として、落ちてすぐに泣き出したこと、泣き止んだ後は普段と変わらず元気に走り回っていることから、今すぐの受診は不要とのことでした。
ただし「丸1日くらいは注意深く様子を見て、何かあればすぐに病院を受診するように」と近くの救急病院を教えてもらいました。
特に、急に意識がなくなったり吐いたりした場合は、迷わず救急車を呼んでくださいと念を押され、電話を切りました。
(落ち方が上手だったのか、その後は特になにもなく、顔をすりむいただけですんでます。家の中だからといって油断しちゃだめですね…)

他にも「生の豚肉食べちゃった!どうしよう!」と電話したこともあります(笑)
今なら、ちょっと生肉食べたくらいじゃどうもならないってーと笑いとばせますが、その時はめっちゃ焦りましたねー。
ちなみに、その時のアドバイスは「(要約すれば)吐き気や下痢が止まらなかったら病院へ」というものでした。そりゃそうだ。

でも、そんなささいな心配事まで優しくアドバイスしてくれます。
1人で悩んでいるよりもずっと心に余裕ができます。
万が一何かあったときのために、ぜひとも記憶の片隅に置いておいてくださいね。

Pocket